for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

利上げペース減速の用意、「0.25%が適切」=フィラデルフィア連銀総裁

米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は、インフレ鈍化の兆しが見られる中、利上げ幅を0.25%ポイントに減速させる用意があるという認識を改めて示した。昨年8月、ジャクソンホールで撮影(2023年 ロイター/Ann Saphir/File Photo)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は18日、インフレ鈍化の兆しが見られる中、利上げ幅を0.25%ポイントに減速させる用意があるとの認識を改めて示した。

ハーカー総裁は「高インフレは弊害で、経済的な非効率性をもたらし、経済的に余裕のない米国民に過度な打撃を与える」と指摘。インフレ抑制に向け、「景気を緩やかに減速させ、需要を供給と一致させる」ことが米連邦準備理事会(FRB)の目標で、政策金利を現行の4.25─4.50%を超える水準に引き上げる用意があると語った。

その上で「FRBが年内にあと数回の利上げを実施すると想定しているが、一度に0.75%ポイント引き上げる時期は確実に過ぎ去った」とし、「今後は0.25%ポイント利上げが適切となる」と述べた。

また、今年のある時点でFRBの政策は、インフレ率を目標の2%に向けて低下させるために経済活動を抑制する水準になるとの見方を示した。

FRBは5%を超える水準に金利を引き上げる見通しと自身の予想を示した上で、どの段階で利上げを停止するか不透明なため、利上げペースを緩めるべきとの考えを示した。

「5%を超える水準まで引き上げてしばらく維持」し、景気動向を見極めるべきと述べ、経済活動を大きく圧迫するレベルまで金融政策を押し進める必要はないとの認識を示した。FRBが利下げに転じるのはしばらく先になると語り、判断はその時点の経済指標に左右されるとした。

さらに、インフレには上振れリスクが残っており、物価上昇圧力を望ましい水準に戻すにはまだ長い道のりがあるとも指摘。一方で「幅広い品目でインフレが低下する兆候を確認し始めている」とし、コアインフレの伸びが今年は3.5%、来年は2.5%まで低下し、2025年には目標に回帰するとの見通しを示した。

今年の米経済成長率は1%と予想し、景気後退に陥るとは見込んでいないと述べた。また、現在3.5%の失業が年内に4.5%に上昇した後、来年は4%に改善するという見通しを示した。

ハーカー総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up