May 24, 2018 / 8:27 PM / 3 months ago

技術進歩しても仕事はなくならず=米フィラデルフィア連銀総裁

[ダラス 24日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は24日、自動運転車などの技術進歩がますます多くの労働者から仕事を奪うようにみえるが、技術が人間に取って代わるという懸念は誇張されていると述べた。

ハーカー総裁は、ダラス連銀が主催する会合向けの講演原稿で「国中のトラックやタクシーがやがて自動運転車になったとしても、修理する人はなお必要だ」と指摘した。

また、仕事では従来と異なる技能が求められるようになると予想し、労働者の訓練や教育が重要になるものの、仕事自体はなくならないとの考えを示した。

金融政策や経済見通しについては触れなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below