August 6, 2019 / 3:43 AM / 19 days ago

FRB、政治的な圧力受けるべきでない 元議長4人が連名で寄稿

 8月5日、米連邦準備理事会(FRB)の元議長経験者4人が5日、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙に連名で寄稿し、FRBが政治的な圧力を受けずに独立して政策を運営することが重要だと主張した。写真は寄稿した4人のうちのポール・ボルカー氏。ニューヨークで2015年6月撮影(2019年 ロイター/Mike Segar)

[ワシントン 5日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)の元議長経験者4人が5日、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙に連名で寄稿し、FRBが政治的な圧力を受けずに独立して政策を運営することが重要だと主張した。

寄稿したのは、ポール・ボルカー、アラン・グリーンスパン、ベン・バーナンキ、ジャネット・イエレンの各氏。

4人は「我々は元FRB議長として次の信念で一致している。FRBとFRB議長は、国内経済の最高の利益のために独立して行動し、短期的な政治の圧力を受けずに行動することを認められるべきだ。特に、政治的な理由でFRB指導部の解任や降格を警告することがあってはならない」と表明。

「FRBが一部の政治家集団の利益ではなく、国の最高の利益に基づいて決断を下せる能力を維持することが極めて重要だ」としている。

トランプ米大統領は、FRBに繰り返し利下げを要求。パウエルFRB議長の金融政策で経済成長が抑制されていると批判し、同氏の解任・降格の可能性を公の場で示唆している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below