August 12, 2019 / 4:28 PM / 3 months ago

米消費者インフレ期待、7月は小幅に低下

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀が12日発表した7月の調査によると、米消費者のインフレ期待が小幅に低下した。米連邦準備理事会(FRB)による利下げの要因となった懸念を裏付ける形となった。

調査によると、1年先のインフレ期待と3年先のインフレ期待は0.1ポイント低下し、ともに2.6%となった。

FRBは先月30─31日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.00─2.25%に25ベーシスポイント(bp)引き下げることを決定。利下げは2008年以来初めて。世界経済を巡る懸念のほか、国内インフレの低迷を理由として挙げた。

また、FRBが物価の目安としているコア個人消費支出(PCE)価格指数は、6月に前年同月比が1.6%上昇とFRBの物価目標である2.0%を下回った。

今後1年間で株価が上昇するとの見方を示した消費者の割合は41.1%で、前月の38.8%から上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below