May 31, 2019 / 3:23 PM / 17 days ago

JPモルガン、年内2回の米利下げ予想 対メキシコ関税導入なら

[ニューヨーク 31日 ロイター] - JPモルガン・チェースは31日、米連邦準備理事会(FRB)が年内に利下げを2回実施するとの見通しを示した。従来予想は1回としていた。

トランプ米大統領が前日発表した対メキシコ関税導入計画を踏まえたもの。短期金利先物市場でも、同様の予想が織り込まれた。

トランプ大統領はメキシコ国境からの不法移民流入に同国が十分に対応していないとし、6月10日以降メキシコからの輸入品すべてに5%の関税を課し、移民の流入が止まるまで関税率を段階的に引き上げると表明。中米諸国からメキシコを通って米国に入る移民の流れを止める対策をメキシコが講じなければ、関税率は7月1日に10%、8月1日に15%、9月1日に20%、10月1日に25%に引き上げるとした。[nL4N236563]

JPモルガンは、同措置が実施されることになれば、0.5ベーシスポイント(bp)「以上」の利下げが必要になる可能性も指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below