for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FF金利巡る状況、金融タイト化につながる可能性=ダラス地区連銀総裁

[デンバー 18日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は18日、銀行間翌日物取引の指標であるフェデラル・ファンド(FF)金利の実効レートが、より長期の借り入れコストを上回っていることに懸念を示し、金融状況のタイト化につながる可能性があると指摘した。デンバーでのエネルギー業界の会議で述べた。

総裁は「私が厄介と感じることは、FF金利がここ数カ月、米国債のすべての利回り曲線を上回っていることだ」と語った。

こうした状況は最近まで続いていた。現時点ではFF金利の実効レートは、期間30年を除くすべての米国債の利回りを上回っている。

米連邦準備理事会(FRB)はFF金利の誘導目標を1.75─2.00%としており、最近のFF金利は1.85%近辺で推移している。

総裁は「短期で借り入れて長期で貸し出すことができなければ、最終的に(金融)状況は引き締まっていくだろう」と語った。

FRBが年内に追加利下げを実施する必要があるかどうかについては、どちらとも言えないとの認識を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up