Reuters logo
米利上げ継続を、忍耐強くインフレ評価=ダラス連銀総裁
2017年5月22日 / 17:30 / 6ヶ月前

米利上げ継続を、忍耐強くインフレ評価=ダラス連銀総裁

[22日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は22日、連邦準備理事会(FRB)は最大雇用と2%のインフレ目標に向けて大きく前進しているとして、利上げを継続するとともに、年内にバランスシートの縮小に着手すべきとの考えを示した。

ただ、3、4月のインフレ統計が弱含みの内容となる中、「2%のインフレ目標に向けた進展は鈍く、時にまだら模様であることを認識している」と指摘。「インフレ目標の達成へ引き続き前進しているか、指標を見極める上で忍耐強く臨む」とした。

4月時点で4.4%に低下した失業率は、自身が考える完全雇用に極めて近く、金利を過度に長期間、低水準に維持することはリスクが高いとの考えをあらためて表明。労働市場の緩みが解消されるのに伴い、雇用の伸びは今後鈍化する公算が大きいと述べた。

その上で「3月の利上げを含め、今年3度の利上げの基本シナリオは、フェデラルファンド(FF)金利の短期的な道筋として適切」と述べた。利上げは「緩やかかつ忍耐強く」あるべきで、経済状況に応じてペースの加速も減速もあり得るとした。

バランスシートについても年内に、段階的な縮小に着手すべきとの考えを示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below