Reuters logo
米景気に過熱の兆候なし、利上げ急ぐ必要ない=ダラス連銀総裁
2016年9月30日 / 19:01 / 1年後

米景気に過熱の兆候なし、利上げ急ぐ必要ない=ダラス連銀総裁

[ダラス 30日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は、指標を精査しているが、米景気が過熱している兆候は見られないとし、そのため米連邦準備理事会(FRB)は利上げに対し引き続き忍耐強くいられるとの認識を示した。

 9月30日、米ダラス地区連銀のカプラン総裁は、米景気が過熱している兆候は見られないとし、利上げを急ぐ必要はないとの認識を示した。写真はFRB建物、2012年4月撮影。(2016年 ロイター/Joshua Roberts )

総裁は低金利による歪みの兆しが一部見受けられ、懸念していると指摘。

だが高齢化や他の要因が成長とインフレを押し下げているため、失業率は大半のFRB当局者が最大雇用に近いと考える水準近辺にあるものの、FRBは「急いで」利上げする必要はないと述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below