July 16, 2019 / 7:45 PM / 4 months ago

貿易摩擦、米景気の重しに=ダラス地区連銀総裁

[ワシントン 16日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は16日、貿易摩擦が国内景気の重しになっているとの認識を示した。エコノミストの会合で発言した。

米国は5月、メキシコからの輸入品に5%の関税を導入し、引き上げる姿勢をちらつかせた。関税発動は中止されたが、カプラン総裁は貿易を巡る不透明感が米景気見通しに影響を及ぼし続けていると指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below