Reuters logo
12月利上げに先入観なし、労働市場はFRBの目標以上に改善へ=ダラス連銀総裁
2017年11月16日 / 19:26 / 24日前

12月利上げに先入観なし、労働市場はFRBの目標以上に改善へ=ダラス連銀総裁

[ヒューストン 16日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は16日、連邦準備理事会(FRB)が12月の会合で利上げを実施することに先入観は持っていないとの見解を示した。

米労働市場が完全雇用の状態、もしくはその状態に近づきつつあることに加え、インフレ率はなお低水準にあるものの、上昇する見通しであることを理由に挙げた。

カプラン総裁は「慎重なリスク管理は、緩やかかつ辛抱強く緩和解除に向けた行動を取ることを意味する」と強調。FRBは目標達成に向け「均衡の取れた」アプローチを取っていると語った。

現在4.1%まで改善した失業率は、FRBの掲げる完全雇用の目標を超えてさらに低下する見通しとした。同時に、インフレ率はFRBの目標に向けて上昇する見込みで、構造的なインフレ下押し圧力は強まっているものの、「循環的な上方圧力は増大しつつある」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below