February 25, 2019 / 6:52 PM / 3 months ago

FRB、労働人口押し上げ余地も 低インフレで=ダラス連銀総裁

[ダラス 25日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は25日、インフレが低水準にとどまり、しっかりと制御されていることから、米連邦準備理事会(FRB)が金融政策を通じ低所得層を中心に労働人口を押し上げる余地が存在する可能性があるとの見方を示した。

カプラン総裁はクラリダFRB副総裁と共にダラスの低所得層地域の一角を視察した後、「インフレは制御されており、FRBには持続可能な方法で労働人口を押し上げる余裕があるかもしれない」と語った。

行き過ぎは望ましくとしつつも、景気を幾分過熱させることで労働市場を支援することは可能との認識を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below