for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米経済の短期リスクを懸念、長期的には楽観=ダラス連銀総裁

[10日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は10日、新型コロナウイルス感染再拡大を受け、経済に対する短期的な下方リスクを懸念していると述べた。ただ新型ウイルス感染症ワクチンの実用化をにらみ、長期的には楽観視しているとした。

カプラン総裁はブルームバーグがオンライン形式で開催した金融の将来を巡る会合で、「向こう2四半期は極めて困難になる。感染再拡大を受け、下方リスクが増大している」と述べた。

その上で、職を失った多くの人が貯金を取り崩して生活する中、政府の追加支援策がなければ、家計所得と家計消費は「ある時点で」減少すると指摘。感染が継続する限り、連邦準備理事会(FRB)は量的緩和策や融資対策などの景気支援策を継続すると述べた。

ただ、来春にもワクチンが実用化されれば、経済成長は回復すると予想。企業の間では2021年下半期の回復に向け準備を始める動きが出ていると語った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up