October 9, 2018 / 5:22 PM / 2 months ago

米インフレは緩やかに推移、6月までのリスクは均衡=ダラス連銀総裁

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は9日、財政刺激策の効果が来年薄れる中、インフレ率は連邦準備理事会(FRB)の目標近辺にとどまるとの見通しを示した。

同時に、来年6月までに少なくとも計3回の利上げが適切との自身の見通しを巡るリスクは均衡していると語った。

カプラン総裁は記者団に対し、インフレの上昇について「急激もしくは大幅な動きではなく、より緩やかな動向になるというのがわれわれの基本シナリオだ」と指摘。金利の道筋を巡りタカ派的もしくはハト派的になるかとの質問に対しては「現時点では、いずれの方向にも傾かない」との考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below