May 22, 2019 / 7:29 PM / in 3 months

債券利回り格差縮小、貿易摩擦も一因=米ダラス連銀総裁

[ダラス 22日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は22日、足元の債券利回り格差縮小は、変化しない限り今後の成長が弱まることを示唆しており、貿易摩擦も一因との見方を示した。

長期債利回りが短期債より低くなる「逆イールド」になったと判断するには一定の規模で継続する必要があるが、現時点ではそうなっていないと指摘。同時に注視しているとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below