Reuters logo
緩和的な米金融政策は適切、完全雇用の到達まだ=ミネアポリス連銀総裁
2017年2月7日 / 18:46 / 9ヶ月後

緩和的な米金融政策は適切、完全雇用の到達まだ=ミネアポリス連銀総裁

[7日 ロイター] - 米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は7日、米経済はまだ完全雇用に達していないほか、インフレ高進のリスクはほとんどなく金融安定への差し迫った脅威もないとして、米連邦準備理事会(FRB)は金利を緩やかに緩和的な水準に維持すべきとの認識を示した。

先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)決定に賛成票を投じた自身の考えを説明した。

仮に失敗するとしても、引き締め過ぎる失敗より、緩和的過ぎて失敗する方が良いと述べた。

市場はトランプ政権の財政刺激策を織り込んでいるが、自身は経済見通しに加味していないと指摘。「市場は政局予想はあまり上手くない」と述べ、トランプ大統領当選以降のインフレ期待の高まりに過度の重きを置くべきではないとした。

インフレ率は緩やかな上昇の兆ししか示していないとしたほか、労働コストの伸びも鈍く、他の先進国におけるインフレ低迷により、米国でインフレが高進する公算は小さいとの見方を示した。

0.5─0.75%のフェデラルファンド(FF)金利水準は、緩やかな緩和を提供しているとし、FRBの2大目標に向けた進展を踏まえると、「この水準の緩和は適切なようだ」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below