February 5, 2018 / 6:55 PM / 8 months ago

米追加利上げ、賃金・物価上昇示す一段の兆候必要=ミネアポリス連銀総裁

[5日 ロイター] - 米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は5日、追加利上げを支持する前に、賃金と物価上昇を示す一段の兆候を確認したいとの考えを示した。

カシュカリ総裁はブルームバーグTVとのインタビューで「指標を見極める必要がある」とし、「インフレ率が2%の目標に向かって上昇、さらに賃金が上昇していることを確認したい」と語った。

同総裁は12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げに反対票を投じた。

米債市場でみられるイールドカーブのスティープ化については、朗報とし、必要に応じ、米連邦準備理事会(FRB)に一段の利上げ余地を与えることになるとの認識を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below