November 5, 2015 / 7:13 PM / 4 years ago

市場は12月利上げ織り込み、FRB狙い通り=アトランタ連銀総裁

11月5日、米アトランタ地区連銀のロックハート総裁は10月のFOMC声明について、12月の利上げがあり得ると市場に意識させることを意図したとし、その点においてFRBは成功したとの認識を示した。写真は2012年5月、米カリフォルニア州でパネル討論に出席する同総裁(2015年 ロイター/Danny Moloshok)

[5日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のロックハート総裁は、10月の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明について、12月の利上げがあり得ると市場に意識させることを意図したとし、その点において米連邦準備理事会(FRB)は成功したとの認識を示した。講演原稿で述べた。

10月会合では「12月の利上げはあり得るが、確実ではない」との見方へと市場を誘導することを目指していたとし、「達成したと満足している」とした。

ただ最終的には今後数週間の経済動向に加え、9月の利上げ見送りの要因となった8月の国際金融市場の混乱のような、新たなリスクが発生するかどうかに左右されると指摘した。

一方で、米経済はおそらく潜在成長率を上回る局面にあるほか、雇用市場も改善が続いており、基調のインフレトレンドは目標へと急ピッチで上昇していないとしても少なくとも目標から遠ざかっていないとして、「利上げの根拠はますます強まる」と語った。利上げ開始後は緩やかな引き締めペースが適切とも述べた。

労働市場の緩みについては、景気回復に伴い、完全でないが「著しく」解消されたとの認識を示した。

講演後の質疑応答では、米インフレ率がFRBの目標である2%に向けて上昇すると確信していると言明。そのうえで「私は(目標の達成を)信じて行動する用意があるが、全員がそうとは限らない」と語った。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below