for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新たな常設レポファシリティーで市場の信頼高まる=NY連銀幹部

[11日 ロイター] - ニューヨーク連銀の執行副総裁でシステム公開市場勘定(SOMA)責任者を務めるロリー・ローガン氏は11日、世界的な金融危機および新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う金融ショックから得られた重要な教訓は、企業が緊急的に流動性を求めることによって生じる市場の混乱に迅速に対応するための手段を中央銀行は維持すべきということだと述べた。

ローガン氏は、米連邦準備理事会(FRB)が先月設置した国内向け・海外向けそれぞれの常設レポファシリティー(SRF)がその役割を果たし、ストレス時の市場の円滑な機能を支援すると指摘。最低入札金利が0.25%に設定された国内向けSRFは、フェデラル・ファンド実効金利(EFFR)がFRBの目標レンジを超えて急上昇するのを抑制するのに役立つとした。

状況によっては、FRBが必要に応じて緊急措置を実施する意思があるとの見方が広がることにより市場が落ち着くこともあるが、ドルがすぐに必要な場合には、そのようなアナウンスメント効果はそれほど強くないかもしれないと語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up