for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRBの中小企業向け融資、終了を目前に利用が急増

米連邦準備理事会(FRB)が17日公表したデータによると、16日までの週の中小企業向け「メインストリート融資制度(MSLP)」の利用額が過去最高の約27億ドルに上った。写真は米ワシントンにあるFRB本部のビル。2019年3月27日に撮影。(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[17日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が17日公表したデータによると、16日までの週の中小企業向け「メインストリート融資制度(MSLP)」の利用額が過去最高の約27億ドルに上った。これまであまり使われていなかったが、年末に終了するのを前に利用が増えた。

前週の約10億ドルの2倍以上で、融資残高の合計は100億ドルとなった。

ムニューシン財務長官は先月、新型コロナウイルス危機を受けて導入したFRBによるMSLPなど複数の緊急融資プログラムを期限通り年内に終了するよう指示。議会の民主党議員から批判の声が出ていた。

MSLPは今夏に立ち上がって以来、条件が厳し過ぎる、融資最低額が高過ぎるなどの不満の声が上がる中、ほとんど利用されていなかった。利用拡大に向けてFRBがこれまで行った制度の調整や米景気が再び鈍化している足元の状況が需要を促進した可能性がある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up