October 4, 2019 / 10:19 PM / 9 days ago

金融政策は緩和的、必要なら再調整=米クリーブランド地区連銀総裁

[4日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は4日、製造業や輸出の弱さが米経済に幅広く波及している兆しはほとんどないと述べた。一方で、月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)までに発表される経済指標を注視する姿勢を示した。

メスター総裁はこれまで、米連邦準備理事会(FRB)が今年決定した利下げに懸念を示していた。

CNBCのインタビューで「われわれの政策は現時点で緩和的で、先行きの状況を精査し、必要なら政策を再調整する」とした。追加利下げが必要と考えているかどうかについてはコメントを控え、「月末の会合に向け、今後入手する情報を注視することが重要だと考える」と述べた。

このほか、経済は全般的に好調で、インフレはFRB目標の2%へ緩やかに向かうと指摘。2%を多少超えても過剰反応はしないと述べた。また、貿易や関税を巡る不透明感が海外や米輸出の鈍化の要因になっているとの考えも示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below