for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米インフレ率は来年鈍化も、リスクは上向き=クリーブランド連銀総裁

[10日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は10日、国内のインフレ率が今年は高止まる一方、来年には鈍化する可能性があり、見通しへのリスクは上向きという認識を示した。

フィンランド銀行(中央銀行)が主催するオンラインイベントで、最大雇用とインフレ率の評価方法を巡って、米連邦準備理事会(FRB)当局者らはもっと明確に説明すべきと主張。例えば、経済見通しを変更した理由について、連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明でより多くの情報を提供することができると述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up