for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

4%を幾分上回る水準への利上げ「適切」=クリーブランド連銀総裁

[4日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は4日、連邦準備理事会(FRB)はインフレを目標の2%に回帰させるため、フェデラルファンド(FF)金利を「4%を幾分上回る水準に引き上げることが適切」という認識を示した。

メスター総裁はピッツバーグの経済クラブで開かれたイベントで、金利を4%強の水準に「維持し、その後状況を見極めることが不合理とは考えない」と語った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up