March 3, 2020 / 10:15 PM / 25 days ago

次回FOMCの決定、新型肺炎巡る状況次第=クリーブランド連銀総裁

[ロンドン 3日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は3日、2週間後に開く米連邦公開市場委員会(FOMC)での決定は新型コロナウイルスによる経済への影響を巡る最新の状況に左右されるとの見方を示した。

米連邦準備理事会(FRB)が50ベーシスポイント(bp)の緊急利下げを発表した後に述べた。

メスター総裁は、英国のエコノミスト協会で行った講演後の質疑応答で、旅行やイベントの減少や消費者、企業、投資家の信頼感低下など、新型ウイルスが米国に実際に影響を及ぼしつつあると指摘。

「2週間後の次回会合では、足元の状況やリスク評価に最大限の注意を注ぐ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below