May 5, 2019 / 11:31 PM / in 3 months

インフレ期待は安定=米クリーブランド地区連銀総裁

 5月3日、米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は、連邦準備理事会(FRB)はインフレ率を2%前後とする目標への信頼性を失ってはいないと強調した。写真はニューヨークで2017年8月撮影(2019年 ロイター/Shannon Stapleton)

[サンフランシスコ 3日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は3日、連邦準備理事会(FRB)はインフレ率を2%前後とする目標への信頼性を失ってはいないと強調した。米インフレ率は最近伸びが鈍化しており、目標達成に届かない状況が続いている。

総裁は、インフレ期待は依然安定しており、企業や家計が信頼感を失った兆候はみられないと指摘。金利を近いうちに引き下げるべきとする当局者間の議論に反論した。

金融政策に関する会合でロイターのインタビューに答えた。

総裁は「インフレ期待が下振れしているという多くの根拠はなく、比較的安定している。われわれがインフレ目標に対する信頼を失ったという説得力のある事例はない」と述べた。

最近の経済状況については安定した状態にあり、状況が変わる理由は見当たらないとの認識を示した。

*カテゴリーを修正して再送しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below