February 20, 2019 / 7:34 PM / 3 months ago

訂正-忍耐強い政策対応のリスク少ない=FOMC議事要旨

(第1段落のFOMCの日程を「1月29―30日」に訂正します)

[20日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)当局者らは1月の金利据え置きや忍耐強い政策対応についてリスクが少なく、世界経済の減速による影響やこれまでの利上げの効果などを見極める上で有益と考えていたことが、20日公表された1月29―30日(訂正)の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で明らかになった。

要旨では「フェデラル・ファンド(FF)金利の目標レンジを巡り、多くの参加者はどのような調整が年内に適切となり得るかまだ明確でないとの見方を示唆した」と指摘。「一部参加者はインフレ率が基本見通しを上回った場合に限り、利上げが必要になり得ると主張した」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below