August 21, 2019 / 6:21 PM / 4 months ago

利下げ巡り積極議論、追加緩和の観測回避で一致=FOMC議事要旨

[ワシントン 21日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は21日公表した7月30━31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で、利下げについてより積極的に議論していたことを明らかにした。ただ追加緩和につながる観測を回避しようとすることで一致したという。

FRBは7月のFOMCでフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.00─2.25%に25ベーシスポイント(bp)引き下げることを決定。議事要旨では、世界経済の減速や通商面での緊張、低調なインフレ率に関する広範な懸念が示された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below