April 29, 2019 / 3:04 AM / 22 days ago

ムーア氏、FRB理事候補から退かない意向=ABC

トランプ米大統領が連邦準備理事会(FRB)理事への起用を検討している保守系経済評論家スティーブン・ムーア氏は28日、ABCの番組「ジス・ウィーク」のインタビューで、候補の対象から身を引く意向がないことを表明した。写真はFRBの建物。3月27日撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 28日 ロイター] - トランプ米大統領が連邦準備理事会(FRB)理事への起用を検討している保守系経済評論家スティーブン・ムーア氏は28日、女性に関する過去の寄稿文や発言を巡り民主党から批判の声が出る中、自身に対して中傷によるネガティブキャンペーンが行われているとの見解を示し、候補の対象から身を引く意向がないことを表明した。

ABCの番組「ジス・ウィーク」のインタビューで、自身の私生活や過去の発言などに関するネガティブな情報を探り出すことに熱心な記者がわずかにいると指摘。同番組に出演するよう、トランプ大統領から要請があったと明らかにし、ネガティブな報道を「中傷キャンペーン」などと非難した。

民主党上院議員らは、女性に関する発言のほか、減税を柱とした景気対策への支持など政策スタンスを巡ってもムーア氏を批判している。

ムーア氏は「私がこれらの上院議員に対して問題となるのであれば、(FRB理事候補の対象から)身を引く」と表明。その上で「そうなるとは考えていない。たいていの公平な考えの人はこれが私に対する低俗なキャンペーンの類であると思うだろう」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below