February 13, 2020 / 9:48 PM / 9 days ago

トランプ氏指名のFRB理事候補、米上院が独立性など巡り疑問視

[ワシントン 13日 ロイター] - 米議会上院の銀行住宅都市委員会は13日、トランプ大統領が連邦準備理事会(FRB)理事に指名したジュディ・シェルトン元欧州復興開発銀行米国代表ら2人の公聴会を開いた。共和・民主両議員からは大統領からの独立性や経済を巡る見解などを疑問視する声が相次いだ。

シェルトン氏はこれまでの著書や発言の中でFRBを鋭く批判してきた人物だが、公聴会ではFRB当局者と協力し、独立性を重んじると強調。「意思決定において独立することを誓う。何をすべきか私に指示する者はいない」と述べた。

トランプ氏によるFRB批判に関しては「人の発言について検閲はしない」と応じた。

一方、パトリック・トゥーミー議員(共和党)は、FRBを通じて他通貨に対するドルの価値を管理するというシェルトン氏の見解を「非常に非常に危険な手段」と指摘。

シェロッド・ブラウン議員(民主党)は「シェラトン氏はあまりに多くの問題で立場を変更し、確認もできないほどだ」と批判し、主流派からかけ離れていると指摘した。

上院銀行委員会は共和党議員13人、民主党議員12人で構成。今回の公聴会後、3人の共和党議員がシェラトン氏を巡る懸念は完全には払拭されていないとした。

また、もう1人の候補であるセントルイス連邦準備銀行調査局長のクリストファー・ウォラー氏も自身の見解について質疑に応じた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below