October 9, 2019 / 5:34 PM / 4 days ago

米FRBの独立性、政策の説明責任伴う=パウエル議長

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は9日、FRBには短期的な政治的圧力から「大幅に」保護されているが、それには金融政策を「明確に説明する」義務が伴うと述べた。ワシントンで9月撮影(2019年 ロイター/Sarah Silbiger)

[カンザスシティー(米ミズーリ州) 9日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は9日、FRBには短期的な政治的圧力から「大幅に」保護されているが、それには金融政策を「明確に説明する」義務が伴うと述べた。

ミズーリ州カンザスシティーで地域経済に関するイベントに参加し、「議会がFRBに対し短期的な政治的圧力から大きな保護を与えているため、われわれには現在行っている政策とその理由を明確に説明する義務がある。また、奉仕する国民に積極的に関わり、国民や議員に説明責任を果たせるようにする義務がある」と語った。

トランプ米大統領は7日、インフレが低水準で推移していることを踏まえ、FRBが「大幅な」利下げを実施することを望んでいると述べ、FRBに改めて圧力をかけた。

パウエル議長はこのほか、経済は「良い状況」にあるとし、FRBの責務は「その状況をできる限り継続させることだ」と指摘。FRBの戦略や政策ツールは「引き続き有効」としたほか、FRBにとって重要なのはインフレ率を目標近辺に維持して金融政策に変更の余地を持たせ、期待を定着させることだと述べた。

また、労働市場は歴史的に堅調な状態にあり、低中所得地域に恩恵をもたらしているとの見解も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below