February 26, 2019 / 3:44 PM / 3 months ago

FRB、利上げ急がず パウエル議長「忍耐強い」政策運営強調

[ワシントン 26日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は26日、米経済は今年底堅いペースで拡大するものの、前年からは幾分減速する見込みとした上で、FRBはさらなる利上げについて「判断を急がず」、引き続き「忍耐強く」政策運営に当たると強調した。

 2月26日、パウエル米FRB議長は、リスク増大や最近の軟調な経済指標は今年の底堅い米経済成長を阻害することはない見通しとしつつも、引き続き「忍耐強く」利上げに対応していくと再表明した(2019年 ロイター/JIM YOUNG)

パウエル議長は米国の金融政策と経済について上院銀行委員会で証言し、経済の「基本的見通しは良い」と指摘。ただ、海外経済の減速が米経済の足かせとなっていると指摘し、「こうした要因が向こう数カ月間で一層響いてくる可能性がある」と語った。

「良好な見通しを裏付ける諸要素があり、(連邦公開市場)委員会は向かい風やリスクを非常に注視している。当面は忍耐強く政策運営に当たり、時間をかけて物事が明確になるのを見極めたい」と表明した。

今年の米経済動向については「前年からやや減速するものの、底堅いペースで拡大し、労働市場も引き続き堅調になる」と予想。とりわけ労働市場に新規参入する人の流れはFRBにとって予想外であり、「成長の余地が広がっている」と分析した。

FRBは、2018年の米成長率が3%弱になったと予想する。連邦政府機関一部閉鎖の影響で公表が遅れていた18年第4・四半期国内総生産(GDP)統計は28日に発表される。

最新の米小売売上高統計は失望を誘う内容となり、一部FRB当局者はインフレ鈍化の可能性を懸念しているものの、パウエル議長は最近のエネルギー価格下落の影響が和らぐ中、インフレは目標の2%近辺で推移する見通しとした。

35日に及んだ政府機関一部閉鎖の影響については、経済全体への影響は「極めて小幅」で、今後数週間で解消されるとの見通しを示した。また、バランスシート縮小の終了については「適切な時期とアプローチ」を見極めると語った。

金融市場は総じて、パウエル議長の議会証言にほとんど反応を示さなかった。議長は27日にも下院金融サービス委員会で証言する。

クレセット・ウェルス・アドバイザーズ(シカゴ)の最高投資責任者(CIO)、ジャック・アブリン氏は「インフレが伸びず安定的な成長が続く限り、FRBも動きようがないだろう」と指摘した。[nL3N20L57F]

パウエル議長は財政問題について、「自国通貨での借り入れが可能な国にとって赤字は問題でないという人もいるが、私は間違っていると思う。米国が抱える債務は対国内総生産(GDP)比で極めて大きく、さらにGDPを上回る速さで拡大している点が一層重要だ」と指摘し、財政悪化に警鐘を鳴らした。

「FRBが人々にどのように認識されているかという意味においては、われわれの役割は(環境や社会問題などに関する)特定の政策を支援するというものではない」と続けた。

米債務残高の上限を今後引き上げる必要があることについて問われると、米国がデフォルト(債務不履行)に陥る状況は「明確に越えてはならない一線で、一度たりとも越えないことを願っている」と強調した。

金利政策を巡りトランプ政権から「直接的あるいは間接的」な接触があったかとの質問に対しては、他の当局者との個人的な会話についてはコメントしないと応じた。また、FRBは「政治的ではない形で」政策決定を行うとの考えをあらためて示した。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below