October 8, 2019 / 7:06 PM / 11 days ago

成長持続へ適切に行動、保有資産拡大を近く発表=FRB議長

[デンバー(米コロラド州) 8日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は8日、世界経済へのリスクを背景に追加利下げにオープンな姿勢を示唆した。また、短期金融市場の円滑化を確実にするため、保有資産を再び拡大させる考えを示した。

先月に起きた米短期金融市場での金利急騰を受け、FRBがバランスシート縮小を進め過ぎたとの懸念が浮上していた。

パウエル議長は全米企業エコノミスト協会の会合で、「準備金供給を時間をかけて増やす措置を近く発表する」と述べた。

追加利下げについては明言しなかったが、経済見通しは引き続き「好ましい」とし、成長継続のシナリオが「最も公算が高い」と述べたほか、成長の持続や力強い労働市場、2%のインフレ目標を支援するため、FRBは「適切に行動する」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below