July 10, 2019 / 12:46 PM / 10 days ago

通商や弱い世界経済、なお米景気見通しの重し=FRB議長

[ワシントン 10日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は10日、通商政策を巡る不安や弱い世界経済が「引き続き米景気見通しの重し」という認識を示し、景気拡大下支えに向け「適切に行動する」用意があると言明した。

下院金融サービス委員会での証言予定原稿で見解を示した。

全体の成長は「緩やかになった」としつつ、「現時点で想定する以上に弱いインフレが続く恐れがある」とし、一部FRB当局者が言及する一時的なものとならない可能性を示唆した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below