for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米経済は財政・金融政策の双方必要、感染拡大を懸念=FRB議長

[ワシントン 17日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は17日、新型コロナウイルス感染の急拡大は米景気回復に対する大きな懸念で、米経済は財政政策と金融政策の双方の支援を引き続き必要としているとの考えを示した。

パウエル議長はオンライン形式で開かれたベイ・エリア・カウンシルのイベントで、FRBは「景気回復支援に向け、必要な限りあらゆる政策措置を利用していく」と述べると同時に、一段の財政政策による支援も必要になる公算が大きいとの考えを示した。

その上で現在見られている感染拡大について、人々が経済活動への参加に消極的になり、景気鈍化につながる恐れがあるため、「極めて懸念」していると述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up