for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米最大雇用の実現、緩和的な金融政策以上の支援が必要=FRB議長

[ワシントン 10日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は10日、米雇用市場の回復に向け「官民双方からの寄与と共に、社会全体のコミットメントが必要」との見解を示した。

パウエル議長はニューヨーク経済クラブで公演し、「失業者数と、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)後の就職難の可能性を踏まえると、最大雇用の実現と維持には緩和的な金融施策以上の取り組みが求められる」と言明した。

さらに「堅調な雇用市場の恩恵を十分に実現するには、短期的な政策と長期的な投資による継続的な支援が必要」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up