March 29, 2019 / 7:18 PM / 3 months ago

米追加利上げ、「いつかの時点で」必要となる可能性=FRB副議長

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のクオールズ副議長は29日、米経済に対する強気の見方を示し、生産性や投資に関する前向きな傾向が続けば、追加利上げが必要になるかもしれないと述べた。

副議長は、FRBが海外リスクに備え、追加利上げに「慎重」になっていることに賛成すると指摘。最近の小売売上高や雇用関連指標の不振が例外的なものなのか、減速を示す兆候なのかを見極めたいとした。

一方で、基調的な力強さや家計を後押しする賃金上昇、生産性向上などがやがてより強固な成長につながるとし、足元の軟調な経済指標を「一貫性がない」と指摘した。

FRBは今のところ金利を据え置いているが、副議長は「いつかの時点で追加利上げが必要になるかもしれない」と言及。これは「経済の成長可能性とモメンタムに関する私の楽観的な見方と一致している」とした。

長短金利の逆転については、FRBの資産保有により長期金利が抑えられる一方、金利操作が短期金利を押し上げ、イールドカーブのフラット化につながったとし、リセッション(景気後退)の「前兆」ではないと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below