September 18, 2019 / 9:32 PM / a month ago

FRB、短期市場支援に向けた資金供給は適切=JPモルガンCEO

[ワシントン 18日 ロイター] - 米金融大手JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は18日、連邦準備理事会(FRB)が資金供給によって翌日物レポ金利の上昇に対処したことは「適切」だったと評価した。

米短期金融市場では今週に入り、銀行や企業が資金調達の際に支払う翌日物レポ金利が急上昇。FRB傘下のニューヨーク連銀は2007─09年以来の資金供給に踏み切り、翌日物レポ取引を通じてこの2日間で1250億ドル超を供給した。

ダイモンCEOは記者団に対し、今週みられた短期金融市場での逼迫はすぐさま大きな問題にはならないとしつつも「基調的な構造問題に対処しなければ、不況時には経済に打撃を及ぼす」と警鐘を鳴らした。

さらに、銀行システムには「大規模な」流動性が存在するとし、短期金融市場での逼迫が銀行システム全体の安定性を脅かす可能性があるとの懸念払拭に努めると同時に、FRBによる市中銀行に対する流動性規則を批判。「銀行は大規模な流動性を確保しているが、FRBから流動性の使い道や保有を巡り多くの制約も課されている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below