for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRBがレポオペの供給額拡大、1750憶ドル 4月中旬まで

米連邦準備理事会(FRB)の金融調節を担うニューヨーク連銀は11日、国債などを担保としたレポオペによる一日の資金供給額の上限を4月中旬までの期間、1750億ドルに引き上げると発表した。ワシントンの FRB本部で昨年3月撮影(2020年 ロイター/Leah Millis)

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)の金融調節を担うニューヨーク連銀は11日、国債などを担保としたレポオペによる一日の資金供給額の上限を4月中旬までの期間、1750億ドルに引き上げると発表した。

さらに最低500億ドル規模の1カ月物のレポオペを12日以降3回実施し、必要に応じてレポオペの調整を継続するとした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up