for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRB、2月中旬までレポオペ継続 ターム物の資金供給額は縮小

[14日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)の金融調節を担うニューヨーク連銀は14日、国債などを担保に資金を供給するレポオペを少なくとも2月中旬まで継続すると表明した。

このうちターム物オペについては、供給額の上限を従来の350億ドルから300億ドルに引き下げる。昨年10月に始めた月600億ドルの財務省短期証券(Tビル)買い入れは今後も継続する。

連銀が14日実施したレポオペは、14日物への応募額が430億ドルと、供給額の350億ドルを上回った。7日に実施した同様のレポオペでも、応募額が供給額を上回っている。

14日の米短期金融市場では、銀行や企業が資金調達する際に支払う翌日物レポ金利が1.58%と、FRBの誘導目標レンジである1.50─1.75%内で推移した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up