November 11, 2019 / 4:25 PM / a month ago

FRB利下げ不要論変わらず、米経済は良好=ボストン連銀総裁

米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は11日、米経済は依然良好だとして、連邦準備理事会(FRB)による利下げは不要という考えを強調した。ワシントンのFRBで昨年8月撮影(2019年 ロイター/Chris Wattie)

[オスロ 11日 ロイター] - 米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は11日、米経済は依然良好だとして、連邦準備理事会(FRB)による利下げは不要という考えを強調した。

総裁は当地での講演後、ロイターに対し、国内総生産(GDP)は潜在成長率近辺で推移しているもようとした上で「米経済は足元、良好な状態にある。だからこそ前回の(連邦公開市場委員会=FOMC)会合で利下げに反対票を投じた。当時、直近の利下げは不要だったと考えたが、その後、私の考えを変えるような兆候は全く見られない」と語った。

企業の設備投資の不振や物価の低迷、世界経済の減速などを背景に、FRBは今年7月以降、ミッドサイクル(金融政策サイクル半ば)での調整として3回の利下げを実施。ローゼングレン氏はその都度、利下げに反対を表明している。

物価については「2%目標を多少下回ってはいるが、目を見張るほど低いわけではない」と指摘。12月のFOMCで金利据え置きが提案されれば支持するかという質問には「会合以前に判断しない」とした。FRBが日銀や欧州中央銀行(ECB)に追従してマイナス金利を導入するとは考えにくいとも述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below