June 28, 2018 / 9:02 PM / 3 months ago

米銀審査第二弾、ドイツ銀米事業が不合格 ゴールドマンとモルガンS条件付合格

[ワシントン 28日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は28日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)第ニ弾となるの包括的資本分析(CCAR)の結果を公表し、ドイツ銀行の米子会社が不合格になったことを明らかにした。

資本計画プロセスを巡り「かなりの脆弱さ」があるほか、厳しい状況下での売上高や損失を試算する方法や前提にも脆弱な点がみられると指摘した。

審査の対象となった他の34行は合格。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーの資本計画については、条件付で合格。最近の税制改革によって、資本水準にマイナスの影響が及んだと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below