for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界的な供給圧力、8月も緩和継続=NY連銀

米ニューヨーク連銀(写真)は7日、8月のグローバル・サプライチェーン・プレッシャー・インデックス(GSCPI)が低下し、世界的な供給網への圧力が2021年12月のピークから着実に緩和していると明らかにした。撮影(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 7日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀は7日、8月のグローバル・サプライチェーン・プレッシャー・インデックス(GSCPI)が低下し、世界的な供給網への圧力が2021年12月のピークから着実に緩和していると明らかにした。

ニューヨーク連銀は、指数は依然として「歴史的な高水準」で推移しているものの、今年は1━8月に6回低下しているほか、8月は「極めて幅広い」低下を示したと指摘した。

とりわけ納期が軒並み低下しているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up