for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

成長率鈍化と高インフレ継続を予想=米地区連銀エコノミスト調査

米フィラデルフィア地区連銀が13日発表した調査結果で、主要エコノミストらが、米の経済成長率は低下する一方、インフレ率は当面、従来予想より高水準で推移するとみていることが分かった。2020年7月撮影(2022年 ロイター/Eduardo Munoz)

[13日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀が13日発表した調査結果で、主要エコノミストらが、米の経済成長率は低下する一方、インフレ率は当面、従来予想より高水準で推移するとみていることが分かった。

主要エコノミスト34人の見解をまとめた調査によると、2022年の実質国内総生産(GDP)成長率予想は前年比2.3%と、3カ月前の前回調査から1.9%ポイント低下する見通し。23年は同2.3%、24年は同2.0%と、いずれも前回予想を下回る見通しとなった。

今四半期の消費者物価指数(CPI)上昇率予想は平均で前年比7.1%と、前回調査時の3.8%から上方修正された。今四半期の個人消費支出(PCE)価格指数予想も前年比5.7%と、前回の3.1%から上方修正された。

22年と23年通年のCPIおよびコアPCE上昇率の予測も上方修正された。

一方、失業率の上昇はわずかなものにとどまる見通し。

今四半期の失業率は3.6%の見通しで、22年通年、23年は同水準と予想。その後2年間は3.8%に上昇するとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up