December 19, 2017 / 11:08 PM / 9 months ago

米税制改革、来年は若干景気押し上げ=サンフランシスコ連銀

[サンフランシスコ 19日 ロイター] - サンフランシスコ地区連銀は、米税制改革に伴い来年は景気が若干押し上げられるものの、効果はほとんど持続しないとの分析結果を公表した。

分析でシニアリサーチアドバイザーは「実質国内総生産(GDP)の伸び率は2018年にかけて年率平均で2.25%程度、19年は1.75%に鈍化するとみている」と述べた。

9月の予想は18・19年とも1.5━1.75%で、これらを上回る。ただ、税制改革や最近の堅調な景気指標がどの程度反映されたのかは明らかでない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below