for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRB、超過準備の付利を1.8%に引き下げ レポ金利は1.7%

[ニューヨーク/ワシントン 18日 ロイター] - 米短期金融市場でフェデラル・ファンド(FF)金利の実効レートが今週、米連邦準備理事会(FRB)の誘導目標を超えたことを受け、FRBは18日、銀行の超過準備に適用する付利(IOER)を30ベーシスポイント(bp)引き下げ1.80%に設定した。

FRBは同時にFF金利の誘導目標を1.75─2.00%に25bp引き下げ。IOERと誘導目標上限との差は従来の15bpから20bpに拡大した。

またレポ金利も1.70%に設定。FF金利の誘導目標下限を5bp下回る水準となった。

IOERとレポ金利はFRBの政策金利の防護柵として機能し、今回の調整はFRBによる政策金利の制御厳格化が目的という。

FRB傘下のニューヨーク連銀は18日、FF金利を誘導目標の2.00─2.25%の範囲内に維持するため、レポ取引を通じて750億ドルの資金供給を実施。資金供給を受け、銀行や企業が資金調達する際に支払う翌日物レポ金利は低下していた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up