October 16, 2018 / 8:43 PM / a month ago

トランプ米大統領、FRB批判を拡大 「最大の脅威」

 10月16日、トランプ米大統領は、米連邦準備理事会(FRB)が自身にとって「最大の脅威」との考えを示した。また、パウエル議長以外のFRB当局者についても不満を示した。写真はワシントンのFRB本部。8月撮影(2018年 ロイター/CHRIS WATTIE)

[ワシントン 16日 ロイター] - トランプ米大統領は、米連邦準備理事会(FRB)が自身にとって「最大の脅威」との考えを示した。また、パウエル議長以外のFRB当局者についても不満を示した。

放送前に公表されたFOXビジネスニュースとのインタビューの抜粋によると、トランプ大統領は「私にとって最大の脅威はFRBだ」とし、「私が指名した他のFRB当局者の数人についてもあまり満足していないが、大部分は非常に満足している」と述べた。

トランプ大統領は前週、FRBを「異常」、「狂っている」、「ばかげている」、「生意気」などと呼び、FRBの利上げペースは速過ぎると批判した。

パウエル氏はトランプ大統領が指名した議長で、大統領はこれまでに、同氏を辞めさせようとしているわけではないと述べている。パウエル議長を除くFRB理事会メンバー3人のうちクオールズ副議長とクラリダ副議長の2人もトランプ大統領が指名した。

トランプ氏はインタビューで「率直に言って、私は誰も責めていない」とし、「私が(パウエル議長を)指名した。正しいかもしれないし、間違っているかもしれないが、私が指名した」と述べた。

FRBを管轄する米下院金融委員会のヘンサリング委員長(共和党)は、トランプ大統領には「明らかに独自のスタイルがある」とした上で、「大統領が公にFRBを批判したからといって、その独立性がいかなる形でも侵されることはない」との見方を示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below