for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米家計資産、第1四半期は136.9兆ドルと最高 一段の経済成長余力

米連邦準備理事会(FRB)が10日に公表した統計によると、第1・四半期の米国の家計資産は136兆9000億ドルと、前四半期の131兆9000億ドルから増加し、過去最高を更新した。写真は2015年3月撮影(2021年 ロイター/Gary Cameron)

[10日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が10日に公表した統計によると、第1・四半期の米国の家計資産は136兆9000億ドルと、前四半期の131兆9000億ドルから増加し、過去最高を更新した。新型コロナウイルス感染拡大が減速し、経済活動が再開される中、一段の経済成長に向けた余力が多分にあることが示された。

項目別では、株式が3兆2000億ドル、不動産が約1兆ドル、それぞれ拡大。現金や預金残高の合計額は、政府の大規模な新型コロナウイルス関連対策が押し上げ要因となり、8500億ドル増の14兆5000億ドルと、過去最高を更新した。

家計債務は年率で6.5%増。住宅ローンの増加を反映し、前四半期の6.2%増から加速した。3月31日時点の住宅ローン残高は11兆ドル。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up