June 6, 2019 / 6:30 PM / 12 days ago

過度な低インフレ、将来の危機対応の余地狭める=NY連銀総裁

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアム総裁は6日、高齢化人口や生産性の伸び鈍化が健全な経済に妥当とされる金利水準を押し下げており、連邦準備理事会(FRB)による将来の景気低迷への対応が一段と困難になるとし、過度に低い水準のインフレは差し迫った問題との見解を示した。

ウィリアム総裁は「金利が低水準で推移していると、中銀が危機に対応できる余地は限られる」と語った。

FRBの危機対応能力が衰えれば、景気回復は緩慢なペースとなり、インフレを一段と押し下げる公算が大きいと指摘。「インフレ率が低下すれば、景気減速に直面した際、中銀の危機対応余地はさらに縮まる」とし、「過度に高水準のインフレを常に警戒しているが、過度に低水準のインフレが一段と差し迫った問題と言える」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below