for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

金利調整巡る議論「まだかなり先」、経済指標を注視=NY連銀総裁

6月22日、米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は、金融政策の調整を開始するのに適切な時期を判断するため、経済指標を注視しており、金利調整の時期に関する議論はまだかなり先になるという考えを示した。写真は2014年10月、ロイターのインタビューに応じるウィリアムズ氏(2021年 ロイター/Stelios Varias)

[22日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は22日、金融政策の調整を開始するのに適切な時期を判断するため、経済指標を注視しており、金利調整の時期に関する議論はまだかなり先になるという考えを示した。

ブルームバーグテレビのインタビューで「経済が連邦公開市場委員会(FOMC)声明に記された条件を満たすようなら、フェデラル・ファンド(FF)金利の適切なスタンスについて議論するときだと思う。それはまだかなり先の話だ」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up