for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FRB、5月会合で50bp利上げ検討「妥当」=NY連銀総裁

米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は14日、5月の連邦公開市場委員会(FOMC)で50ベーシスポイント(bp)の利上げを検討するのが妥当との考えを示した。2019年11月撮影(2022年 ロイター/Carlo Allegri)

[14日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は14日、5月の連邦公開市場委員会(FOMC)で50ベーシスポイント(bp)の利上げを検討するのが妥当との考えを示した。

ウィリアムズ総裁はブルームバーグ・テレビのインタビューに対し「(50bpの利上げ検討は)極めて合理的な選択肢だ」とし、「金融政策の観点から、フェデラルファンド(FF)金利をより正常な水準にするために迅速に動くと同時に、バランスシート縮小計画を進めることは理にかなっている」と述べた。

その上で「FF金利をより中立的、もしくはより正常な水準にする必要がある」と指摘。実現する時期についてはデータ次第との見方を示しながらも、 来年までには「実質」金利をより正常な水準に戻す必要があると語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up