for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米経済は急速に回復、FRBの政策変更には不十分=NY連銀総裁

[21日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は21日、米経済は新型コロナウイルス感染拡大で引き起こされた危機から急速に回復しているとしながらも、連邦準備理事会(FRB)が現行の景気支援策の一部を引き揚げるには、一段の進展が必要との認識を示した。

ウィリアムズ総裁はオンライン形式で実施されたイベントで、企業が需要の急増に対応する中、インフレ圧力が増大しているが、経済の安定化に伴い収束すると予想。「経済は明らかに急速に回復しており、中期的な見通しは極めて良好だ」と述べた。

ただ「指標や状況を踏まえると、FRBが景気回復に向け強力な支援を実施する金融政策スタンスをシフトさせるに十分な進展は得られていない」と強調した。

米経済については、ワクチン接種の進展と力強い財政政策を背景に、今年の成長率はインフレ調整後で7%に達する可能性があると予想。経済活動の急速な再開で需給不均衡が拡大し、一時的に物価が上昇しているものの、インフレは次第に収束するとし、インフレ率は2022年と23年には2%近辺と、今年の3%近辺から低下するとの見方を示した。

労働市場については、パンデミック(世界的大流行)前と比べなお700万人の雇用が失われたままになっており、完全な回復には長い道のりが残されていると指摘。雇用は一段と伸びるとしながらも、求人が埋まるまで時間がかかる可能性があると語った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up